私が使っているレンタルサーバーは、ここ。おすすめです!
ツクモ電機さん。私は、たいていのPCパーツをここで買ってます!
ERN004−PC (タルタル) 
ERN004-PC (TARUTARU)
FINAL FANYASY XI -ONLINE- TARUTARU
(C)SQUARE ENIX.CO.,LTD
Katsuya Matsumura's HomePage
FINAL FANYASY XI -ONLINE-
ATI Technologies Inc.
このページはリンクフリーですが、単独画像への直接リンクはご遠慮ください。

shttle Xpc の解体
今回の製作では、shttle Xpc を利用します。
まずは解体して、全てのパーツをばらばらにします。

フレームの製作
shttle Xpc から取り外したマザーボードに合わせて、マザーボード固定台を
アルミアングルで製作します。
出来上がったマザーボード固定台を中心にして、塩ビパイプでフレームを組みます。
この時点で、最終的なカタチに合わせた機材のレイアウトを決めておきます。

発泡スチロール造形
フレームを包むように、発泡スチロールを張り合わせます。
塊になった発泡スチロールを、ナイフで削ります。

微小中空球樹脂粘土による造形
発泡スチロールを削ってカタチを出し、その上から微小中空球樹脂で表面造形を行います。
前髪が上方に開き、内部のドライブにアクセスできるように、開閉ギミックを作りました。
背面には電源部分とコネクタ部に開口部を作りました。

造形の完成
別に製作しておいた耳を、取り外し可能に出来るようにします。
粘土造形が終わったあと、紙ヤスリで表面を磨きます。

塗装
ターナー、ネオカラーで表面を白塗装し、下地を作った後、塗装を行います。

パーツ
全体は、このように分解できます。

機能 1
背面にコネクタ、背面下部に電源です。
鼻がメインスイッチになっています。瞳にHDDとPOWERのLEDが埋め込んであります。
後頭部にリセットスイッチをつけました。

機能 2
頭部開閉式です。
発泡スチロール部を取り外せば、機材の交換は簡単に行えます。
背面の、後ろ髪で隠れて見えない首の部分が大きく開口しており、排熱はそこから行えます。

完成

東京ゲームショー2003 ATI社ブースにて展示
03年、9月26日から28日まで、東京ゲームショー(幕張メッセ)で、
ATIテクノロジーズジャパン株式会社 ブースで展示。

2003/09

Spec
CPU Intel Pentium4 2.40c GHz
M/B FB61 (shuttle Xpc)
メモリ 512MB DDR PC3200
HD Maxtor Diamond Max Plus9 80GB S-ATA
DVD−RW BenQ 5224P
電源 ACHME AM630BS20S 200W

私が使っているレンタルサーバーは、ここ。おすすめです!
ツクモ電機さん。私は、たいていのPCパーツをここで買ってます!
制作 松村克也(S.A.E)
katsuya@js8.so-net.ne.jp
http://www011.upp.so-net.ne.jp/kat/