私が使っているレンタルサーバーは、ここ。おすすめです!
ツクモ電機さん。私は、たいていのPCパーツをここで買ってます!
女性型PC ERN002−PC (マーヤ) 
ERN002-PC (Maya)
(C) Katsuya Matsumura / S.A.E
月刊 PC−DIY誌 2003年6月号 〜 2月号
松村克也のホームページ
Matsumura Katsuya's Homepage
このページはリンクフリーですが、単独画像への直接リンクはご遠慮ください。

ERN002-PC (マーヤ) イメージイラスト 
2003.05 2003.05 2003.06
月刊PC−DIY誌 連載記事中に掲載したイラストです。

2003年05月
フレームの製作

2003年06月
発泡スチロールによる造形 1

2003年07月
発泡スチロールによる造形 2

人型PC筐体 ERN002-PC 「マーヤ」 展示の様子
2003年8月03日 ワンダーフェスティバル2003夏 にて
撮影 東かんな女史
撮影 柊さん
3番目のフィギュア写真は、人型筐体マーヤの元ネタ、SAEの「じゃぼうにあ」シリーズ マーヤ・ザルナードです。

2003年08月
手、顔の製作。微小中空球樹脂粘土による、造形

2003年09月
AHP(アドバンスド・ヒートパイプ チャンドラ森本氏 製作)の組み付け

2003年10月
[10-01.JPG] [10-02.JPG] [10-03.JPG] [10-04.JPG] [10-05.JPG]
左の画像は、微小中空球樹脂粘土の山です。100円ショップで購入。
足部分の製作には、かなりの時間を使いました。2足直立をさせるために、接地部のバランスが非常に大事なのです。
[10-06.JPG] [10-07.JPG] [10-08.JPG]
2足直立耐久試験風景。
AHPを組み込んだために重量バランスが崩れてしまい、バランス取りを初めからやりなおしたのですが、上手に立ってくれて一安心です。
[10-16.JPG] [10-17.JPG] [10-13.JPG] [10-14.JPG] [10-15.JPG]
各末端部の製作。
[10-09.JPG] [10-10.JPG] [10-11.JPG] [10-12.JPG] [10-18.JPG]
[10-19.JPG] [10-20.JPG] [10-21.JPG]
外観の、ほぼ全容が見えてきました。

2003年11月
[11-01.JPG] [11-02.JPG] [11-03.JPG] [11-04.JPG] [11-05.JPG]
[11-06.JPG]
ケーブルとハードディスクの組み込み。
腰部を解体して、HDDを組み込んだあと、再び組み立てています。
この作業中に、HDDをひとつ壊してしまいました。
[11-07.JPG] [11-08.JPG] [11-09.JPG] [11-10.JPG]
光学式ドライブの組み込み。
背中を切り開いて、ドライブを組み込みます。
[11-15.JPG] [11-11.JPG] [11-12.JPG]
無線式キーボードとマウスの、受信部の組み込み。
[11-13.JPG] [11-14.JPG] [11-16.JPG] [11-18.JPG]
各ディティール製作と、修正。
[11-17.JPG] [11-19.JPG] [11-20.JPG]
塗装作業風景です。

2003年11月 外観の、ほぼ完成
[11-21.JPG] [11-22.JPG] [11-23.JPG] [11-24.JPG] [11-25.JPG]
[11-26.JPG] [11-27.JPG] [11-28.JPG] [11-29.JPG] [11-30.JPG]
[11-31.JPG] [11-32.JPG] [11-33.JPG] [11-34.JPG] [11-35.JPG]
[11-36.JPG] [11-37.JPG] [11-38.JPG] [11-39.JPG] [11-40.JPG]
[11-41.JPG] [11-42.JPG] [11-43.JPG] [11-44.JPG] [11-45.JPG]
[11-46.JPG] [11-47.JPG] [11-48.JPG] [11-49.JPG] [11-50.JPG]
ほぼ、外観が完成しました。
しかし、まだPCとしての起動確認は行っていません。

2003年12月 完成!
[12-01.JPG] [12-02.JPG] [12-03.JPG]
マーヤを抱えて自ら東京の編集部へと赴いた帰り、マッドサイエンティストにして冷却王、そしてAHP製作者である、チャンドラ森本氏の事務所に立ち寄りました。
そのときお土産に頂いた、ファンです。
これらが、マーヤ冷却の最後のピンチを救ってくれました。
[12-04.JPG] [12-05.JPG] [12-06.JPG] [12-19.JPG]
頭部内に設置したAHP放熱部の改良。ヒートシンク尽3連ファンを取り付けました。
太ももの接続境界部に排熱ファンを取り付けました。
[12-11.JPG] [12-07.JPG] [12-08.JPG] [12-09.JPG] [12-10.JPG]
電源スイッチ、リセットスイッチ、LEDの取り付け。
[12-12.JPG] [12-13.JPG] [12-14.JPG] [12-15.JPG]  [12-16.JPG]
[12-17.JPG] [12-18.JPG]
2足直立完全人型PC筐体、起動!
胸部内のマザーに設置されたAHPの作動の様子がわかるでしょうか。チューブ内に封入された作動液(フロン)がCPUの熱で気泡となり上方へと流れていきます。
起動試験中に、造形的な修正も行っています。

月刊PC-DIY誌編集部提供 マーヤ画像
[a-01.JPG] [a-02.JPG] [a-03.JPG] [a-04.JPG] [a-05.JPG]
[a-06.JPG] [a-07.JPG] [a-08.JPG] [a-09.JPG] [b-01.JPG]
[b-02.JPG] [b-03.JPG] [b-04.JPG] [b-05.JPG] [b-06.JPG]

2003年12月27日 マーヤ公開イベント(東京、秋葉原にて)
画像提供/伊藤真一 様
[c-02.JPG] [c-04.JPG] [c-05.JPG]
胸カバーをはずしたマーヤ 私(お恥ずかしい・・・)
[c-06.JPG] [c-07.JPG] [c-08.JPG] [c-09.JPG] [c-10.JPG]
冷却王チャンドラ森本氏 手です。仕上げが荒い・・・ 腕の接続部分です
[c-11.JPG] [c-12.JPG] [c-13.JPG] [c-14.JPG] [c-15.JPG]
上半身内部丸見え状態 髪の毛を取ろうとしています 頭、顔をはずしたマーヤ ファンは回転しています AHP動作中です
[c-16.JPG] [c-18.JPG] [c-20.JPG]
背面のドライブ ドライブを開いたところです 太腿内部のファン 不気味ですね・・・

2003/12

Spec
CPU VIA C3 1GHz Nehemiah
M/B VIA EPIA M10000 (C5XL)
メモリ DDR SDRAM PC2100 512MB
HD Maxtor 6Y120P0 120GB
DVD−ROM/CD-RW TOSHIBA SD-R2312
電源 ACHME AM630BS20S 200W
冷却システム AHP(アドバンスド・ヒートパイプ) 製作・チャンドラ森本氏

私が使っているレンタルサーバーは、ここ。おすすめです!
ツクモ電機さん。私は、たいていのPCパーツをここで買ってます!
制作 松村克也(S.A.E)
katsuya@js8.so-net.ne.jp
http://www011.upp.so-net.ne.jp/kat/