松村克也的 フィギュア製作方法 
1/8 シーラ・ラパーナ 編
Katsuya Matsumura's HomePage

Figure-DIY English Edition
このページの英語バージョンです。当サイトの貴重な協力者、E-3PO さんの翻訳です。

1 芯の製作 (1)
1 約1/8の人体図(コピーして作りました)を目安にして、完成形の大きさを把握します。
  図に合わせて、胸部、腰、脚、腕、などの芯をスカルピーで作ります。針金などは入れてません。
  ワンオフモデルや原型としての強度が必要なときは、スカルピーではなく、エポパテなどを使います。

2 オーブンで焼き固めます。オーブンの中には木片が敷いてあります。
  また、下部はオーブン付属の金属皿、上部の赤熱部にはアルミホイルが巻いてあります。

3 温度は約180度。時間は20分ぐらいを目安にしています。

4 焼き上がりです。おそらく少し焼きが足りないぐらいですが、後の加工を考えてこうしています。

2 芯の製作 (2)
1 固定式のルーターを使っています。

2 部品同士を接続する針金を通す穴をあけます。

3 穴は約1ミリ。針金で繋がった部分が、関節になります。

4 先ほどの1/8人体図を目安に、針金で各部品を接続します。

5 出来上がった芯です。人体図そのままの身体バランスでは、フィギュア的にはカッコよくならないので、
  デフォルメが必要です。人体図は、あくまで大きさの参考です。

3 肉盛り
1 大きさとバランスはこんな感じです。腰の位置が人体図より高くなっています。

2 出来上がった芯にスカルピーを盛っていきます。

3 スカルピーを盛りながら、完成形のポーズを取らせていきます。

4 ざっとスカルピーを全体に盛ったところです。この段階でだいたいのポーズを取らせて、一度焼きます。

4 初期造形とバランス取り
1 おおまかな人体造形を行います。

2 後部の様子。女性らしく見えてきたでしょうか。

3 バランスがおかしいので、上半身と下半身、膝部分を切断しました。
  素体の段階でバランスやポーズを決定しておかないと後の修正が大変になるので、
  このあたりではかなり切り刻んだりします。

4 切断するときは、一度オーブンで過熱して、柔らかくなったときにカッターナイフで切ると、うまくいきます。

5 バランス修正
1 切断した上半身と下半身を接着します。接着にはリキッドスカルピーを使っています。

2 リキッドスカルピーを筆で塗りつけた後に、スカルピーを隙間に詰め込みます。
  硬化したスカルピー同士の接着は結構難しいのですが、リキッドスカルピーを接着剤代わりに使ってから
  オーブンで焼くと、かなりしっかりと接着できます。

3 バランス修正後です。しかしまだ完全ではないので、また後で切り刻むことになるかもしれません。

4 今後の造形の行いやすさを考えて、片足を切り離してあります。

6 脚の造形
1 片足を切り離した状態で造形を進めて、再び接着したところです。胸も少し作りました。

2 後ろから見たところです。柔らかなラインを出したいのですが、いかがでしょうか。

7 手と頭部の準備
1 腕を作る準備です。芯にスカルピーを盛った腕と、そして指の素です。
  指は、0.6ミリの糸ハンダにスカルピーを巻きつけて作っています。指をどう作るか、というのは
  人によってかなり違いがあるので、試行錯誤して自分に合った方法を見つけるしかないでしょう。

2 ついでなので、頭の素も作っておきます。

3 つまようじに刺したスカルピーを、ざっと顔のようにしただけです。

8 足首の取り付け
1 腕を取り付ける際に、やはり足首までを含んだ全体の高さが必要になったので、
  とりあえず仮に足首をつくりました。

2 腰のラインあたりもいじっています。

9 手と腕の製作
1 小さなスカルピーの塊にピンバイスで穴を5つあけて、糸ハンダ製の指の素を差し込みます。
  大体の長さを合わせて切断したあと、指の関節にあたる部分にカッターナイフでわずかに
  切込みを入れて、指を曲げていきます。
  腕と手を接合して、バランスを見ながら、指に表情をつけていきます。

2 胴体につけて、バランスと位置決めを行います。

3 再び取り外して、造形をします。

4 ほぼカタチが出たところです。

5 もう一度、胴体と合わせてみて、バランスの確認をします。

10 ドレス、スカート部の製作準備 (1) 
1 完成形はロングドレス着用なので、そのスカート部分の製作を始めます。
  すでにカタチの出ている脚部に影響を与えないようにスカートを製作したいため、脚部を
  カバーする「枠」のようなものを作ります。
  まずは脚部全体にラップを巻きつけました。

2 ラップの上から、スカルピーを盛ります。この状態でオーブンで焼きます。

3 暖かいうちにスカルピーを切り分けて、前後に分解します。

4 前後に切り分けたスカルピー製の脚部カバーを、削って薄くしようと思いましたが、
  ごらんの通りに、ばらばらになってしまいました。失敗ですね。
  スカルピーは硬化後に、弾力がなく、もろくなるのでこうなってしまうのです。
  完全に焼きを入れたスーパースカルピーは、かなり丈夫で「プラスチック」という感じになり、おそらく
  薄く削ることも可能でしょうが、そこまでスーパースカルピーにこだわる必要もないでしょう。

12 ドレス、スカート部の製作準備 (2)
1 と、いうわけで、スーパースカルピーをあきらめて、スカルピー・プリモを使ってみることにしました。
  プリモは、硬化後でもそれなりの柔軟性があり、細い部分を作るときなどには使用できる素材です。
  スーパースカルピーとプリモを混ぜ合わせて使用することもあります。
  ただ、プリモは、粘土状態でかなり粘着力があり、個人的には造形しにくいので、
  細かな造形には使用していません。
  最近のグレースカルピーでは、プリモのそのような弱点が改良されており、スーパースカルピーと
  プリモの良い部分を合わせたような粘土となっているのですが、やはり、基本的にはスーパースカルピーが
  感触的に一番使用しやすいかなあ、と思います。もちろん慣れの問題でしょうが。

2 前後に切り分けた状態です。

3 削って薄くしてみました。やはりスーパースカルピーよりも弾力性があるために、
  ばらばらになるほどには崩れません。

4 プリモ製脚カバー。これにスカルピーを盛ってスカート造形を行おうと思いますが、果たしてうまく行くか
  どうかは、まだわかりません。

次のページへ


制作 松村克也(S.A.E)
katsuya@js8.so-net.ne.jp
http://www011.upp.so-net.ne.jp/kat/